お探しの情報は何ですか?

石岡のまつり

神輿

画像:神輿01

画像:神輿02画像:神輿03

1989年(明治30年)9月9日、石岡市青木町の棟梁、小井戸彦五郎が制作し、平成9年9月9日、栃木県石橋町の神輿師、小川政次により修復されています。
屋根紋は16弁菊花紋、台輪寸法は4尺(約120cm)、重量は約1,000kgです。
神輿は神幸祭(初日)に總社宮の御心霊を載せ、年番町の御仮殿まで渡御します。午後2時の花火を合図に供奉行列で御仮殿に向かいます。翌日の奉祝祭(中日)にはひとまわり小さな「總社明神神輿」の巡行が行われます。

また、還幸祭(最終日)には午後2時に御仮殿を出御します。両日とも、巡行時間は2時間程度です。
神輿は供奉行列(ぐぶぎょうれつ)とともに渡御、還御します。
供奉行列は、ささらを先頭に、露祓獅子、祭太鼓、猿田彦(神霊を先導して道先案内を担う神)と続きます。最後には幌獅子が年番順に巡行します。

アンケート

石岡市観光協会ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
  • 更新日:2014年3月25日
  • Print
スマートフォン用ページで見る