お探しの情報は何ですか?

石岡のまつり

ささら

画像:ささら01

画像:ささら02画像:ささら03

県指定 無形民俗文化財/市指定 有形民俗文化財
格式高く「七度半の迎えを受けて出る」と言われ、神輿渡御の露祓い(つゆはらい)に立ちます。
神社札、稲穂、真榊などで飾り、紺地に八咫烏(やたがらす)を染めぬいた幕を張った屋台で、異様な顔の三頭の獅子が舞う姿は、独特の雰囲気があります。總社宮、御仮殿などでは、屋台の外で舞を奉納します。
三匹の獅子は、老獅子、若獅子、女獅子と呼ばれています。
獅子頭は全体に黒漆が塗られ、目、歯に金箔を施し、喉頭部は軍鶏の羽で覆われています。さらに、老獅子、若獅子には特異な、太く長い角がついています。
笛と太鼓のお囃子で、「通り」「一匹踊り」「念佛」「三匹踊り」が演じられています。
神社・御仮殿前などでは屋台の外で、舞を奉納します

アンケート

石岡市観光協会ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
  • 更新日:2014年3月25日
  • Print
スマートフォン用ページで見る